連合広島ニュース

男女がともに活躍する社会をめざして~「男女平等月間」の取り組み

投稿日:2016年6月5日 | カテゴリー:連合広島ニュース

連合では、毎年6月を男女平等月間に設定し、様々な取り組みを行っています。連合広島においては、女性活躍推進法の施行や広島県の男女共同参画基本計画の改定等を受け、行政への要請行動や街頭での啓発活動などを中心とした取り組みを展開しました。


<行政への要請行動>

5月27日(金)、男女平等参画推進委員会、女性委員会、青年委員会の各代表が、広島県と広島労働局に対して要請書を提出し、意見交換を行いました。

~広島県への要請~ ~広島労働局への要請~

<学習会・街頭行動>

6月5日(日)、連合本部から講師を招き「女性活躍推進法」に関する学習会を開催しました。また、学習会終了後には、女性委員会の役員を中心に、広島市内中心部において街頭演説と啓発資料の配布を行いました。

<女性のための全国一斉労働相談>

5月19日(木)~20日(金)、全国統一の取り組みとして「女性のための労働相談」(電話相談)を実施しました。


◇受付件数 440件
◇主な相談内容

●各種ハラスメント(31.8%)

●解雇・退職強要・契約打ち切り(7.9%)

●雇用契約・就業規則(6.3%)

●退職金・退職手続き(6.1%)

※数字は、全国の相談結果(女性のみ)



連合広島ニュース