連合広島ニュース

社会的な発信力の強化――「2016春季生活闘争方針」ならびに新たな社会キャンペーンに関する記者説明会を開催――

投稿日:2015年12月28日 | カテゴリー:連合広島ニュース

連合広島は、12月24日(木)17時から記者説明会を開催し、集まったマスコミ各社に対し久光会長より、当日14時から開催した「執行委員会」「2016春季生活闘争委員会」で決定した「連合広島2016春季生活闘争方針」と連合が12月から実施している新たな社会キャンペーン「クラシノソコアゲ応援団!2016 RENGOキャンペーン」~一人ひとりが主役です。~の内容等の説明を行いました。


久光会長は、冒頭「この記者説明会は、11月20日の連合広島第22回大会の記者会見でも申し上げたとおり、連合が目指す『働くことを軸とする安心社会の実現』に向け、連合の考え方を組織内外へ積極的に発信し行動する2年間にしたい。そのための「組織力」と「発信力」の強化と「政策立案能力」、「政策実現力」を高めていく。とりわけ発信力については自らの発信と合わせてマスコミの皆さんとの関係について工夫していきたい。」と記者説明会の位置付けについて説明しました。その後、「2016春季生活闘争委員会」と「クラシノソコアゲ応援団!2016 RENGOキャンペーン」の考え方や内容について説明し、記者質問を行いました。


連合広島は、今後も社会的な発信力を強化するための「記者説明会」を開催し、連合広島の各取り組みについて発信していきます。


なお、具体的な「連合広島2016春季生活闘争方針」は、 http://www.rengo-hiroshima.jp/archive/6633.html を参照して下さい。



連合広島ニュース