連合広島ニュース

~STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現 キャンペーン」第3弾~「連合広島9.25労働者保護ルール改悪阻止 行動開始宣言集会」を開催

投稿日:2014年9月25日 | カテゴリー:連合広島ニュース

9月25日(木)、連合は「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現 9.25労働者保護ルール改悪阻止行動開始宣言集会」を実施し、労働者保護ルールの改悪阻止を中心とする、「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現 キャンペーン」第3弾をスタートさせました。


連合広島も、東京で開催された集会をインターネット中継で視聴する「地方集会」を広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、北広島町の6カ所で開催しました。

広島集会で挨拶に立った石井会長は「働く者の団結で、政府が推し進めようとしている労働者保護ルールの改悪にストップをかけよう。」と参加者に協力を求めました。

民主党広島県連の森本真治代表からは「連合の皆さんと民主党が連携し、力をあわせて働く者の権利・働く者の雇用法制をしっかり守っていこう。」と連帯の挨拶を受けました。


本キャンペーンは、2013年3月~2013年6月末までの第1弾、2013年10月~2014年6月末までの第2弾に続く第3弾。

「労働分野の規制緩和を許さない取り組み」、「将来不安を払拭し、暮らしの底上げをはかる取り組み」、「社会に運動の輪を広げ、仲間を増やす取り組み」を柱に掲げ、大衆行動や世論喚起などを通じて、連合がめざすべき社会像「働くことを軸とする安心社会」への前進をはかります。


キャンペーンは全国を北から南から、リレーし、政府が押し進めようとしている労働者保護ルールの改悪内容を街頭で訴えていきます。









連合広島ニュース