西部ブロック

広島地域協議会 府中町へ政策・制度要求を提出しました

投稿日:2014年4月17日 | カテゴリー:西部ブロック

4月17日、広島地域協議会(議長:久光博智)は府中町役場において、全26項目にわたる「2013年度政策・制度要求府中町版」を和多利義之府中町長に提出しました。

この取組は広島地協が掲げた2014年度運動方針の安芸郡四町へも政策・制度の提言を行うとの方針に従って実施したものです。

広島地協としても初の取組である今回の提出式には、久光議長を始め板崎・新宅副議長、また三村府中町職労委員長も同席しました。

和多利町長との対談では、数十年間待機児童ゼロを続けていることや、小学校の耐震工事化を他自治体に先駆けて取組んでいる等、「みんなが住んでみたい町」に向けた取組成果を強調されました。

広島地協は今後も府中町との意見交換を行いながら、向洋駅周辺の道路整備等の早期着工や、ものづくり産業の活性化等を申し入れていくこととしています。


府中町に対する政策・制度要求書




地域協議会ニュース