連合広島ニュース

連合「第4次男女平等参画推進計画学習会」を開催

投稿日:2014年1月28日 | カテゴリー:連合広島ニュース

1月28日、執行委員会終了後、各組織の代表者が出席して、連合第4次男女平等参画推進計画の学習会を開催しました。

連合は、昨年10月より連合第4次男女平等参画推進計画がスタートさせており、その取り組み実践が大切です。まずは、組織代表者にその内容を理解してもらい計画を立てることが必要です。

講師に連合・南部副事務局長を招き「連合が取り組んだ、これまでの男女平等参画への取り組みと成果」「その上に立って策定した、第4次男女平等推進計画のポイント」について、受講しました。

さらにリーダーの皆さんには各組織において、「労働組合活動への女性の参画」と「女性役員の育成・支援」をお願いしたいと訴えられました。


3つの目標


目標1.働きがいのある人間らしい仕事(ディーセントワーク)の実現と女性の活躍の促進

★性別や年齢、雇用形態などを問わず、誰もが働きがいがある人  間らしい仕事と公正な労働条件で社会に参画し、つながることができるようにします。


目標2.仕事と生活の調和

★男女が仕事と生活の役割と責任を平等に分かち合い、ともに仕事 と生活の調和をはかれるようにします。特に女性の就労・就業のための環境整備や働き方の見直しを進めます。


目標3.多様な仲間の結集と労働運動の活性化

★性別や年齢、雇用形態などを問わず、多様な働く仲間が結集して、すべての働く者のために個性と能力を発揮する、活力に満ちた労働組合をつくります。


連合広島の「男女平等参画推進計画の策定・実行と進捗管理の徹底」等、男女平等参画に向けた取り組み計画をまとめ、運動を推進していきます。

























連合広島ニュース